www.crossfit-dover.com
店舗で一切の契約カードが切れるのでもありません。◆カード会社の契約店は一般的に多くのクレカブランドと契約していますがいかんせん一軒一軒のお店で一切のサービスのクレカが使えるわけでもありません。一例をあげると旧態然としたショップのときはJCBロゴの付いているカードしか使用不可なときもあるし、今日日の契約店だとVISAやマスターカードのロゴの書いたクレカしか使えない場面もあるでしょう。ダイナースクラブカードのようなクレカの場合はよけいに切れない状況が増えるのではないでしょうか。何のロゴの所有クレカが使えるかいかに見分けるといいの「ではどのようにしてどのマークの所有カードが決済可能かというのを見分けるといいものか?」というと、正確にチェックするためには該当店の従業員に尋ねてみるのみしかないというのが実は正しい回答です。だがけっこうの数のショップやレストランには店舗前のエントランスのスペースに切れるカード会社のサインが書かれたステッカーが貼り付けられていることから「ふーん、このショップはVISAカードが使用可能なのか」といった感じで分かりやすくされてるため頭に入れておいていただけると思います。とはいうものの、きっちりと案内が行き届いていない加入店で決済する場合にはステッカーが貼られている状況でも「当店では××クレジットカードはお使いいただけません」という答えを受けてしまうなんてこともあるわけで、途方に暮れてしまう場合だってあるでしょう。やっぱり可能な限りより多くのショップでクレカが使えるようにしようとすると、もう一つの印(欧米圏のロゴ)がある一般的なVISAカード、マスターカードJCB、ダイナースカード、といったカードを複数使えるようにしておくようにするようお勧めします。(例として:ライフカードを使っているなら次はアメックス付きのカードを使用するなど)。海外に出ないならVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が書かれているカードをそれぞれ携帯しておけば、おおむね全国のカード決済可能店舗で少なくとも1枚のクレジットカードを使用する機会があります。クレジットカードを契約してキャッシュレス生活を続けるつもりならば確実にこれらのクレカを作っておいて損はないでしょう。